監修者紹介

人生交差点の占い師
栗原達也



昭和29年生まれ。
「新宿の母」栗原すみ子の息子として生まれるも、母は占い師となることを選び、祖母に勘当されていたため、7歳になるまで自分の母親は死んだと聞かされて育つ。

実の母親と再会するも、離れていた期間が長かったため心を開くまで10年以上の時間を要した。
20代のころ、その天性の才能から、母に勧められ一度は占い師を志し、九星気学・手相・姓名判断・人相学を学び修行をするも、偉大な母親を前に「自分はまだまだ相談者をしあわせに導く力が足りない」と社会人経験を積むことを選ぶ。

喫茶店経営や会社勤めなど、30年以上実社会で働き、最終的には200人の部下を抱える立場となる。
その間に、2度の離婚と3度の結婚を経験し、誰かに助けて欲しいと願う、悩める人の気持ちに寄り添うことの大切さを身をもって知る。

50歳を機に、再度新宿の母に弟子入りし、新宿で母が立ち続ける伊勢丹横に「二代目」として立つ。
磨き抜かれた観察眼と天性の占いの才能を発揮し、悩める人々の未来を指し示す。

栗原達也 著書
「究極の占い哲学 幸せの条件」


波乱万丈の人生を生きてきた新宿の母二代目栗原達也が、恋に家庭に仕事に人生に……さまざまな環境で悩む人たちへ向け執筆しました。あなたの心に、明かりを灯す一冊です。全国の書店にてお買い求めいただけます。


人生交差点の占い師・栗原達也について

街頭鑑定のご案内



>> 会員登録 <<